相続の相談はどの専門家に?

福岡で相続に関する相談や申告手続きを依頼するのなら、どの専門家が良いのか判断に迷うことも少なくないです。
弁護士は、調停や審判などの裁判所における手続きが必要な時に正式な代理人となれるので、相続人同士で何らかのもめごとが発生した場合には弁護士を検討することになります。
司法書士は、不動産の名義変更などができるので、不動産を相続する場合には検討することになります。
相続税の申告が必要なくて特別相続人同士で争っていないという場合には、最初から司法書士に相談すれば費用の負担が少なく済みます。

ただ注意が必要なのは、司法書士事務所によって相続登記しか行っていない事務所があるので、何を専門にしているのかを事前に確認する必要があります。
相続というと相続税をイメージするでしょうし、相続税というと税理士という感じで連想する方も多いです。
実際に税理士しか相続税の申告はできないので、税理士に依頼することも必要ですが、相続が発生する場合に相続税の申告が必要になるケースはそれ程多くないのです。
その理由は、相続税には基礎控除というのがあって、最低でも3600万円超の相続財産がないと相続税を支払う必要がないのです。
ただ、福岡で相続が発生する場合には、相続税申告の手続きが必要なくても、相続税に関する相談はいろいろとあるので、信頼できる税理士に相談するのが良いです。
信頼できる税理士を見つけておくと、会社設立や、確定申告の際も安心できますね。

相続税申告を税理士に依頼するメリットは?

税理士に相続税申告を依頼するメリットのひとつは相続税の節税が可能という点です。
相続税の節税については生前対策するケースが多いのですが、相続が発生した後でも相続税の節税は可能で、税理士は節税ノウハウが豊富なので、相談することで納税額を押さえることができます。

2つ目のメリットは税務調査が入りにくいということで、税理士が適正な相続税申告書を作成することで、税務職員もきちんと申告書を作成していると判断するため税務調査リストから除外されやすいのです。
ちなみに税務調査というと企業に入るイメージが強いでしょうが、納税した金額以上に相続税を徴収できると考えているために、約30%程度の確率で入るのです。

3つ目のメリットは手続きがスムーズで早いという点で、相続税申告手続きを数多くこなしている事務所なら、どのようにすれば効率的なのかといったノウハウを持っています。
その為、手続きがスムーズになるので安心して申告を任せることが可能なのです。

相続税申告などを税理士に依頼した時の報酬相場は?

福岡で税理士に依頼したいなど、相続に関する相談をした人の中で、やはり気になることは報酬でサービスと報酬対価が適切なのかが重要なポイントになります。
一般的に相続税の税理士報酬は遺産総額の約0.5%〜1%と言われていて、仮に遺産総額が1億円の場合では50万円〜100万円の間と考えられます。
ただ、この報酬相場が適切なのかどうかの判断は難しく、その理由は税理士の報酬については、医師のように診療報酬が法律で決められているわけではないからです。
正直なところ税理士事務所ごとに自由に決定することができますし、0.5%〜1%は少しの幅のように感じますが金額にすると大きい差になるのです。

また、税理士事務所によって違いはありますが、遺産の内容や種類で報酬が異なることも少なくないのです。
ですから、税理士報酬は遺産総額の約0.5%〜1%というのをあくまでも目安として、複数の税理士に見積もりを出してもらい比較・検討することをおすすめします。
その際に、もちろん安いことは大事ですが安易にそれだけを基準にすることは非常に危険なことで、適正な報酬で適正な申告書作成や相談ができるのか、サービス内容までしっかりと確認することです。

福岡で依頼する税理士の正しい選び方は?

最初に知っておいてほしいことは、税理士も医者と同じでオールマイティーで対応できる人ばかりではなくて、専門分野があるということです。
目が痛い時に歯科クリニックにいっても適切な治療をしてもらえないというよりは、眼科を受診するように言われて対応すらしてもらえないです。
税理士も個人事業主向けの所得税申告・企業向けの法人税申告を専門にしていて、一度も相続税申告を行ったことがないケースもあるのです。
ですから相続税の申告依頼や相談をするのなら、相続税専門の税理士に依頼すべきです。

では、相続専門の税理士を見極めるにはどうすればいいのかというと、ひとつのポイントは相続税申告を年間100件以上実施している事務所かどうかです。
ここで重要になるのは、相談実績ではなくて、あくまでも申告実績を確認することで、相続税申告の実績が年間数件しかない事務所は専門ではない可能性が高いです。
それから相続税申告などを依頼した時の費用をトータルでチェックすることも大事ですし、相続税の税理士報酬をホームページで開示しているかどうかを確認することも必要です。
これらの点を確認して信頼できて頼りになる相続税専門の税理士に依頼するように心がけることです。