会社設立の登記の相談先

会社設立

会社設立の際、必要となってくるのが登記です。
専門用語なのでわからないという方がいますが、簡単に言えば国に会社として登録し、認めてもらうことが必要となるわけです。

日本では会社の数を把握しており、それぞれが登記することで事業をおこなっています。

この登記をおこなわずに会社活動を続けているところは違法となるため、国から認められていないということになります。
つまり、会社設立の際には登記が必ず必要となるということです。
ただ、この登記に関してはわからない方も多いのではないでしょうか。
普段使う言葉でもないですし、そもそも登記に関してはほとんどの方が経験したことがないはずです。
そこで、ここではよりわかりやすく噛み砕いて説明していきます。
また、その登記に関しては相談先もしっかりとあるので、そちらも紹介します。

まず、会社の設立の時には、その会社がおこなう事業計画を決め、資本金なども集め、それでいて定款を定めて、登記することが必要です。
これはとても簡単に説明しているのですが、この流れが非常に手間で面倒にもなります。
ここで躓いて会社設立を諦めてしまう方も、実際には沢山います。
事実、煩雑な専門用語が並ぶ書類などを目にして、早々に退散してしまうという方もいるでしょう。
登記に必要な情報に関しても、初心者がいきなり会社設立をすると言って、すべて対応できるということはありません。
そこで必要となってくるのが相談先なのですが、この手の登記に関しては司法書士にしか相談できないと言われています。
会社設立のことなら行政書士や社労士、税理士などの専門家も頼りになります。
しかし、登記などの業務に関しては司法書士が安心して相談できます。
経験が豊富な司法書士も多いので、特に会社設立に強い司法書士に相談してみてください。

ちなみに、会社として一度相談してみると、より色々な情報を教えてもらうことができます。
専門家は会社設立に特化しているということもあって、かなり役立つのではないでしょうか。
もちろん、それぞれの専門家ごとに強みがあるので、上手に使い分けていくと良いです。
そこをしっかりできるかどうかによって、会社の評価も分かれてくるでしょう。

まずは頼りになる専門家に相談し、登記など必要なことを聞いてみてください。
自分ですべてやろうとして失敗するよりは、専門家に聞いてから進めた方がミスもなく進めていけるはずです。