例からも分かるように福岡で相続相談するのなら税理士へ

福岡で相続に関する相談をしたいと考えている方もいて、どこに相談したら良いのか迷うことも少なくないです。
相続に関する相談ができる士業はいくつかありますが、相続税や申告などについては税理士に相談すると良いです。
ちなみに税理士に相談できる内容としては、税務に関する相談・税務関係書類の作成や提出・決算書の作成・税務申告・税務調査の立会いなどがあります。
また、記帳代行・社会保険関係の代行・役員報酬の設定相談・資金繰りや融資相談・事業計画や経営計画の相談・社会保険や生命保険相談・補助金や助成金相談なども相談できます。

このように税理士に相談すると言えば企業のイメージが強いです。
しかし相続という点を考えると、税務に関する相談・税務関係書類の作成や提出・税務調査の立会いなどが関係してくる内容で、意外にも相談できる内容は幅広いのです。
ただ税理士によって得意分野と不得意分野があって相談できる範囲が異なるため、福岡で相続について相談する際には、相続税専門の税理士に依頼すると良いです。

では、実際に相続に関する相談としてどのような例があるのでしょうか?
ひとつ目の相談例は、父親が急に病死して何をどうしてよいかわからないというものです。
税理士にそうした相談をしたところ、迅速に相続財産の確定・法定相続人の確認を実施して相続税申告が必要か否かを判断してくれました。
また、遺産分割の提案や相続税のシミュレーションを提示してくれたので、スムーズに相続税申告ができましたし、同時進行で預金の解約や不動産の名義変更のサポートもしてくれたので助かりました。

2つ目の相談例は、相続が発生したので相続税の支払いをどうしたら良いのかというものです。
税理士に相談したところ、相続推定財産を計算して相続税を計算してくれました。
また、使用していない土地が不動産の中にあって、相続税負担を考慮したら手放した方が良いとアドバイスをしてくれて、売却資金を相続税納税資金に充てることができました。
こうした例からも理解できるように、福岡で相続に関する相談をしたいと考えている方は税理士への相談を検討してみると良いです。