相続税の節税対策を考えているのなら税理士に相談を

福岡で相続に関する相談をしたいと考えている方もいて、その中でも相続税の節税対策について相談したいという方も少なくないです。
実は相続税の計算方法は定められていることから、相続が発生してから節税対策を考えて実施することは基本的には難しいことです。
その為、相続税の節税対策については事前に考えておくことが重要ですし、相続人同士の争いを起こさないためにも事前に節税対策をしておく必要があります。
福岡で相続税の節税をと考えている方は、まずはこの点をしっかりと理解しておくことです。

相続税の節税対策としては様々な方法が考えられますが、そのひとつとして相続財産を減らす方法があります。
具体的な方法としては、贈与税が非課税の範囲で毎年少しずつ贈与する生前贈与で、子供や孫などに分けて贈与することにより相続財産を減らすことができます。
ちなみに1年間で1人当たり110万円までは贈与税が非課税になります。

また同じ生前贈与でも、相続時精算課税を利用することで2500万円まで特別控除となって非課税になります。
ただ、一定の条件がありますし、この方法は相続財産を減らせるわけではなくて相続財産の前渡しになることを理解しておく必要があります。
しかし、値上がりしそうな株や土地などが相続財産になる場合には有効な方法と考えられます。
その他にも子供や孫に住宅資金を援助する、教育資金を援助すると言った方法もあります。

次に相続財産の評価額を下げる方法があって、具体的にはアパートやマンションなどの賃貸経営、小規模宅地等の特例の活用、土地を分割する、広大地評価は評価額が下がると言った方法があります。
それから特例や制度を上手に活用することでも、相続税の節税対策につながることになります。
具体的には、生命保険の非課税枠の活用、法定相続人の数を増やす、配偶者の税額軽減を利用する、非課税財産を購入するなどです。
このように様々な方法で相続税の節税対策はできますが、その際に相続税に詳しい税理士に相談すると適切なアドバイスが受けられます。