相続税申告をするのなら専門の税理士に依頼を

福岡で相続に関する相談をしたい人の中には、どのような人が相続税の申告をする必要があるのか、また申告期限や申告書の作成方法はなど分からないことも多いものです。
また、相続税の申告について税理士に依頼したら良いのかを迷っている方も少なくないです。

相続税の申告をする必要がある人は、亡くなった人から相続や遺贈などで取得した財産価額の合計額が、相続税の基礎控除額を超える場合です。
つまり、課税対象となる遺産総額がゼロ以下なら相続税の申告をする必要はないのですが、小規模宅地等の特例や相続税の配偶者控除などを利用してゼロ以下になった場合は申告が必要になります。
このような決まりがあるので、この点をまずは理解して相続税の申告が必要なのかを確認する必要があります。

相続税の申告期限は被相続人が死亡した日の翌日から起算して10ヶ月以内となっています。
また、相続税の申告書を提出するのは被相続人が死亡した時の住所地を所轄する税務署で、相続人の住所地を所轄する税務署でないので注意が必要です。

相続税の申告書は第1表から第15表まであって、その中には付表があるので作成しなければならないものが数多くあります。
また、記載の手順も1から順にという形にはなっていないので、一般の人が作成するとなればとても難しいもので簡単に作成することはできないと考えられます。
その為、どのようなものを作成するか知っておくことは良いのですが、作成については税理士に依頼するのが理想と考えられます。

では、福岡で相続税の申告を税理士に依頼することになった場合には、どのような税理士に依頼すべきなのかというと、相続税を専門に取り扱う税理士です。
税理士業界も医者と類似していて、所得税や法人税を専門とする税理士と相続税を専門にしている税理士の2つの専門分野があるのです。
問題なく申告するためにも相続税専門の税理士に依頼することが大事ですし、相続税申告の専門家に任せることで、相続税が大幅に安くなるケースもあります。