福岡で相続税に関する相談を税理士にする際の費用は?

福岡で相続税に関する相談をしたい人にとって、税理士の適正な報酬はどの程度なのか気になる点です。
平成14年3月までは税理士報酬は税理士法で基準が定められていたのですが、それ以降は税理士報酬規程が廃止されたため各税理士事務所が自由に報酬を設定するようになっています。
昔の税理士報酬規程は遺産総額の1.0%以上ということも多かったのですが、現在では相続税申告の税理士費用の相場は、遺産総額の0.5%〜1.0%程度が一般的になっています。

例えば、6,000万円の現金と4,000万円の土地を相続するとしたら遺産総額は1億円になるので、この場合の税理士費用は50万〜100万円となります。
このように費用が遺産総額の0.5%と1.0%では2倍の差が発生して、50万円と100万円では大きく違ってきます。
その為、どの程度の費用で依頼することができるのかは、依頼先を決めるひとつのポイントになります。

適正な報酬を設定している税理士かどうかを見極めるポイントのもうひとつは、ホームページで費用をしっかりと公開しているかどうかです。
現在は多くの税理士事務所がホームページを開設していて、どのようなサービスを提供しているのかと共に税理士報酬を開示しています。
そんな中でホームページに報酬を開示していない事務所は、料金が高いためライバルと差別化ができないという営業の理由があったり、何らかの追加費用の設定があったりすると考えられます。
契約後に予期せぬ多額の追加費用が発生しては困るので、ホームページで明確な税理士報酬を開示していない事務所への依頼は避けるべきと言えます。

このように福岡で相続税に関する相談をする税理士を探す際に、適正な費用で依頼できることを確認することは重要ですが、費用だけではなくて質も重要なポイントです。
実は、多くの税理士は法人税や所得税を専門に取り扱っていて、相続税申告などの経験がないという税理士が多いのです。
その為、相続税に詳しい税理士をしっかりと見極めて依頼することも大事なので、費用も考慮して専門性や実績面なども確認してから依頼することが大切です。