合同会社と青色申告について

会社設立

・合同会社設立!青色申告事業者になろう!
ここでは、合同会社と青色申告について詳しくお話したいと思います。
法人設立をする上で重要となるのが、設立する会社の形態と、税制上のメリットの大きい青色申告の手続きです。
今回は、この2点を深掘りしていきたいと思います。

・合同会社の特徴と強み
知名度的にはあまり有名ではない合同会社なのですが、色々とメリットもあります。
例えば法人登記をするときの手続き費用が株式会社と比べて断然安いということです。
株式会社の場合は、全部で25万円程度かかるのに対して合同会社の場合は最低6万円で会社を設立することはできます。
差額で言うと19万円も安くなりますので、小規模事業者などは株式会社よりも合同会社を選んで登記をするケースが増えてきています。

・合同会社の社員
合同会社は、株式会社とは違って、業務執行社員と呼ばれる役職が、経営に関する意思決定を行っていきます。
株式会社でいうところの役員に当たるポジションなのですが、合同会社の場合は出資をしないと、業務執行社員として雇うことはできません。
株式会社と比べたら仕組みはシンプルなのですが少々特殊なので、合同会社を設立する場合は調べてから手続きをするようにしましょう。

・合同会社は法人としてどう?
日本では正直な話、あまり知名度が落ちるため株式会社と比べて、信用度は少ないかもしれません。
ですが最近は、大手外資系の日本法人が、株式会社から合同会社へと移行しつつあることから、合同会社のメリットは普及しつつあるのかもしれません。
また株式会社と同じように、法人の節税メリットもありますので、業績を順調に伸ばしていけば、信用は後からついてくるでしょう。
無理に株式会社にこだわる必要はないのかもしれません。

・青色申告とは?
株式会社や合同会社にかかわらず、法人の節税メリットを享受するには、青色申告事業者になることが必要になります。
青色申告事業者になるためには、税務署に青色申告承認届出書を提出する必要があります。
ただし、必ず青色申告事業者になれるわけではないので注意が必要です。
青色申告事業者になるメリットは、青色申告特別控除を適用にすることができるということと、最大で9年間の、損失繰越控除が認められるようになるということです。
青色申告特別控除は条件を満たした上で、65万円まで所得から差し引くことができます。
また、個人事業主の時は3年だったものが、9年間まで赤字を繰り越すことができるのは、かなり大きなアドバンテージだと思います。